ステイゴールド産駒の一口馬主に。

ようやく書きます。「夢がひとつ叶った」という話。

 

"馬主”というと、一般的にはどういったイメージがあるでしょうか?

 

多分、「お金持ちのステータス」的な位置付けなのかなと思います(笑)

 

たしかに、馬主になるには相当の所得と資産が必要です。

(現在の中央競馬の個人馬主の要件は、①所得金額が1,700万以上であり、かつ、それが継続的に見込まれること、②資産が7,500万円以上であること、です)

 

僕も将来は個人馬主になりたいと思っていますが、仕事柄、この要件がいかに高い壁かということはよく分かっています。

資産の7,500万円は、不動産の購入をすればクリア出来るかなとも思いますが(その分、銀行借入という負債も背負いますが…)、所得1,700万円というのは楽ではないですね。

ただ、馬を購入して、毎月預託料等を払っていくには莫大なお金がかかりますから、これくらいの要件は当然かなという気もします。

 

さて、個人馬主はこれだけ要件が厳しいのですが、これだと馬主になれる人がほんの一握りに限られてしまいます。

 

そこで考えられたのが、いわゆる"一口馬主”というものです。

これは、一口馬主を運営するクラブが馬を購入し、その後で「一口いくら」といった形で出資を募るシステムになっています。

具体的には、もし1億円の馬を400口で募集すると、一口25万円となります。1億円の馬というのはかなりの高額馬ですが、こうすることで一般庶民にも手が届くようになります。ちなみに、1,000万円~2,000万円という馬もたくさんいますが、これを400口で割ると5万円以下で出資できることになります。

但し、この他に、毎月のクラブ会費(3,240円のところが多いと思います)と維持費(厩舎への預託料等でおおよそ月60万円程度かかりますので、それを口数で割った金額になります)、年1回の競走馬保険の支払(競走馬の価格の3%程度だったと思います)があります。

 

僕も、「最終的には個人馬主だけど、まずはこの一口馬主に」という気持ちは以前から持っていましたが、いかに手軽に馬主気分を楽しめるとはいえ、つい数年前まで仕事をしていなかった期間がありましたし、今だって満足な収入があるわけではありませんから、「身分的にどうなの?」というものがありました。なので、自分の中では「税理士試験に受かったら」という一つのハードルを設けていました。

 

ですが…このたびそれを破ってしまいました(^^;笑

 

いまさら言うまでもないことですが、僕はこのホームページのタイトル通り、ステイゴールドという馬が大好きです。

ただ、昨年の2月、ステイは急にこの世を去ってしまいましたので、ステイが種牡馬として残した産駒は、2015年生まれの子どもたちが実質的に最後になります。

※今年たった1頭だけ産まれた子どもがいるのですが(エレインの2016)、この馬が本当の最後の子どもになります(夏のセレクトセールで、レインボーラインの馬主さんである三田昌宏さんがご購入されました)。

 

その2015年生まれの子たちは、来年もしくは再来年に競走馬としてデビューをするため、今まさに馴致・調教に励んでいるところです。

先述の一口馬主を運営するクラブがこの1歳馬たちへの出資を募るのもこの時期が多いのですが、ちょうど1ヶ月ほど前にふと思い立ち、各クラブでステイの子どもがどれだけ募集されているかを見てみました。でも、この時点では現実味はなく、ただ興味本位で調べてみたというかんじでした。

 

すると…

 

いましたいました。既に満口となっている馬もいましたが、募集中で、しかも36,000円~100,000円の間で出資できる馬が8頭も。

 

今まで心の中で我慢していた想いが沸々と湧いてきました。「ステイの最後の子どもたちの一口馬主になりたい」と。

もう、その8頭のどれが良いか夢中で考えました(笑)

男の子か女の子か、血統はどうか、厩舎はどこか、募集しているクラブの印象はどうか、動画での馬の動きや雰囲気はどうか、そして、もちろん金銭面も。

そして、自分の中で「何度考えても、やっぱりこの子だ」と思える馬に巡り会い、申し込みをしました。一口100,000円、結果的に一番高い馬になったので金銭的な負担は大きくなりましたが、それでも「この子じゃなかったら、きっと後で後悔する」と感じたので、迷わず出資しました。

 

サラブレッドが無事に生まれ、母馬と過ごし、やがて離乳して…そこから少しずつ大きくなり、やがて競走馬になるための訓練を受け、デビューを迎える。それは決して当たり前のことではありません。さらに、レースで無事に走り終えて、かつ、勝利するということは奇跡の連続のようなものだと思います。もっと言えば、天寿を全うできるサラブレッドはほんの2~3割だと言われています。

これらのことは、一競馬ファンであれば、まだ客観的に見られると思いますが、馬を本当に好きになり、このようにして一口馬主になったからには、もう何があっても、そういったことから目を背けることはできません。そういったある種の覚悟も必要だろうなと感じています。

 

でも、同時に、(たった一口ではありますが)自分の馬を持つことで、ホームページで愛馬の最新情報を読んで一喜一憂したり、チャンスがあれば牧場に会いに行ったり、出走するレースで精一杯応援したり、同じクラブの会員の方とお話しできる機会が生まれたり…普通の生活では得られないかけがえのないものがいっぱいもらえるだろうなという確信もあります。

あと、僕の馬の場合は牝馬(女の子)なので、無事に引退して繫殖馬になれれば、いずれその子どもが生まれて血を繋いでいってくれます。それは、まさに"ブラッドスポーツ”と呼ばれる競馬の醍醐味そのものです。

ですから、価値観は人それぞれですが、僕にとっては、金銭的に多少苦しくなったとしても安いものです。

来月には、年に一度のクラブパーティーが東京で行われるようです。可能であれば、僕も出席してきたいと思っています。

 

以上、夢がひとつ叶ったお話でした(*^-^*)

写真は、入会特典としていただいたボールペンです。