会ってきました。

こんばんは。

 

今日は関東でまさかの大雪でしたね…(^^;

関東の皆さん、大丈夫でしたか?

北海道と比べれば、気温もまだ高いですし、雪の量も少ないです。

でも、建物のつくりが違いますし、普段雪の降らない地域ですから、すぐに雪に対応するというのはなかなか出来ないと思います。

北海道と東京、どちらの冬も経験していますが、東京の冬も北海道の冬と変わらないくらい寒さを感じました(昼間気温が上がる分、寒暖差が辛かったですね)。

 

実は、明後日から3日間東京に行く予定です。

東京にはトータルで7年間暮らしていたのですが、今回は4年ぶりの東京です…ずいぶん間隔が空いてしまいました。

また後日いろいろ書きたいと思います(^^)

 

さて、ここからが本題となりますが、今月の初めに前回の日記で書いた出資馬に会ってきました。

写真の馬がその子なのですが、社台ファームさんで生産・育成されている「クィーンスプマンテの2015」です(クィーンスプマンテはお母さんの名前で、正式な馬名はこれから決まります)。

 

実は、この日は正式な見学予約をしていなかったため、本来であればこの子には会えないはずだったんです。

でも、普段から仲良くしていただいている馬友の方の出資馬を社台ファームで一緒に見学させていただくことになり、その際担当者の方のご厚意で特別に会わせていただけることになりました。

 

急遽の見学でしたから、厩務員の方に申し訳ない気持ちもあり、見学は手短に済ませましたが、本当に思い出に残る瞬間でした。

イメージ通りの小柄な栗毛の馬体(体重は395キロとのこと)、ステイゴールド産駒らしい感受性の鋭そうな目つき、軽い身のこなし…

少しだけ顔を撫でましたが、そのときはすごくおとなしくしてくれていました。可愛かったですね。

 

また時間が出来たら会いに行きたいと思いますが、とにかく無事に成長していってくれればという気持ちでいっぱいです。

血統的にも晩成でかなり奥のある馬だと思っていますので、デビューを遅らせてでもじっくり育ててほしいなあと思っています。

 

それではまた(*^_^*)